BUYMAを始めた転妻が引っ越しで注意すべきこと

実は私、去年と今年で2回引っ越しをしています(^^;)

 

1回目は東京→大阪へ
2回目は大阪→大阪(市内間での移動)

 

転妻のみなさんは恐らく何度も引っ越しを重ねてきている方もいらっしゃると思います。
平均的には2年、3年のスパンですかね?

 

大変ですよね、住民票など引っ越すたびに
全てやり直しですもんね・・・(*_*)
私はこの事務手続きが苦手です
(めんどくさがり屋なもので・・・)

 

それにモノを増やせないですよねー
みなさんも同じでしょうかー?

 

先日引っ越しをした際に、独身時代からとっても大切にしていたローテーブル
(デザインが気に入っていたんです)を泣く泣く処分しました。

粗大ごみって、大切に扱ってくれて後にリサイクルになるのかと勝手に思ったのですが
ぜんっぜん違うのですね・・・・。

5年愛用してきたローテーブルちゃん、
ゴミ収集車に投げ入れられて、粉々になったんです(*_*)

 

(うあぁぁぁあーーー!)

 

心が折れた私は、決意しました。
もう二度とインテリアは買わない・・・!

 

転妻、涙の決意です~(:_;)

 

さてさて、
今日はBUYMA関連で引っ越しにおいて大変だったことを先にお伝えしますね♪

 

ちゃらー♪

【BUYMAを始め転妻が引っ越しで注意すべきこと】

 

1.クレジットカードや各種銀行への住所変更のお届けはお早めに

※はぎーの経験
引っ越すタイミングと、あたらしいクレジットカードの作成のタイミングがもろかぶりました(^^;)
新しい住所でないと、クレジットカードが作れなかったので、引っ越してから新規作成となりました。
ちなみに住民票を移してから、ですねー。

ちなみにペイパルを使っている方はこちらもお忘れなく・・・

 

2.新居への入居日から逆算して、買付をすることをおすすめします

※はぎーの経験
受注が入ると、買付をしなきゃいけないと思いますが、
よくあるのが「古い住所に海外から荷物が届いちゃったらどうしよう!?」ということです。
でも大丈夫★日本の郵便局や配達機関は本当に安心できるサービスです。
万が一古い住所に荷物が届いても、新しい住所に無料で転送してもらえます(*^-^*)
以前フェデックスさんを利用させていただいたときに、前の東京の住所へ荷物が届いちゃったのですが、
こちらもご親切に電話をかけていただいて、荷物がきちんと大阪へ届いたんです。

3.各種配達機関へ住所変更の旨を連絡しておくこと

上記のフェデックスさんもそうですが、よく家に配達に来てくれる配送会社さんへ
事前に引っ越しする予定があることを連絡しておくと安心です。
これもしつこいですが、日本のサービスは本当に素晴らしいです♪
事前に対策をとっておけば、きちんと対応していただけますよ~♪

なので、万が一急に旦那さんへ異動の内示がでたとしても、
荷物の心配は必要なさそうです★

なんとかなりますので、安心してくださいね(*^^)v

ではでは♪
本日はここまでです。
転妻のみなさん、参考になりましたでしょうか?

BestWishes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA