ネットビジネスと出会うまで③【結婚編】

営業女子4年目 29歳 アラサー働き盛りでした。
ひとりだった女性営業も気づけば少しずつ増え始め、
会社の雰囲気も変わった気がしていました。

自分でいうのもなんですが
職場はやっぱり女性が多いほうが華がありますし
雰囲気も和やかになると思います。

 

当時お付き合いしていた彼が今の旦那さんなのですが、
もともと転勤で東京へ来ていた方でした(社内恋愛ではありません)

あんなに男性に負けじとバリバリ働いていた私も
30に近づくと、そろそろ周りの視線もきになり、
いつしか仕事よりも「結婚」に視野を向けていました。

心の中で・・・
(プロポーズしてくれないかな)
(プロポーズしてくれないかな)
(プロポーズしてくれないかな)×10000
とジレンマでした(笑)

 

当時は結婚したいという気持ちが強かったので
その先のことはあまり考えていませんでした。

 

彼自身も東京勤務になって1年あまり。
「東京では恐らく5年くらいはいるかな。」
と言ってました。

 

そして2015年の年明けに
晴れて私たちは結婚をすることになったんです
(私のフツフツした想いが伝わった?笑)
(*^-^*)

 

結婚が決まり、
川崎あたりに住もうかね~なんて
幸せ真っ只中だったんですが

 

ある日、ふと思ったんです。

 

(このまま今の仕事を長く続けていくのは無理かもしれない・・・)

 

不思議でした。
結婚前までは育休を取ってでもまた働く気でした。

しかし結婚してみると、

「いざ育休から戻ったとして、同じ業務はできる?」
「営業は数字がすべて。私の居場所はないんじゃないかな?」
「子供が熱出したら迎えにいける?」
「そもそも近くに両親がいないのにどうやって共働きするの?」
「フルタイムで働けるの?」
「残業はできる?」
「接待はいける?」
「出張は?」

 

将来のことを色々考えると・・・
コンサルタントという特殊な仕事柄、
今やっていることを長く続けるのは
物理的に無理なんです。

 

そして気づいたんです。

「いつかは愛するひととの子供を生みたい。
家族が安心していつでも帰ってこれる場所を
つくりたい。大切にしていきたい。」って

ごくごくふつうの女性としての幸せを望んだとき、
男性と肩を並べて働くという選択肢はないのだと。

 

「このままじゃいけない」
「何か探さなきゃ」

 

色々と将来について考えていた中、
さらに転機が訪れます。

 

「俺、転勤きまった」

 

えーーーー!( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

 

644731_573772040485_1117500415_n

↑当時勤務していた西新宿のオフィスから見える夕焼け

それでは次回は
ネットビジネスと出会うまで④【転勤編】
をお届けします♪

ではでは♪
Best Wishes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA